三 笠 山 大 神・八 海 山 大 神
(み  かさ やま おお かみ はっ かい さん おお かみ)

 

 
三 笠 山 大 神

葉木國野尊(はこくにぬのみこと)、またの御名を豊斟淳尊(とよくむぬのみこと)と申します。
天地開闢(てんちかいびゃく)の時、國常立尊(くにのとこたちのみこと)に次いで高天原(たかまがはら)に出現
なされた天神七代のうちの一神であられます。

八 海 山 大 神

國狭槌大神(くにさづちのおおかみ)で坂道を掌る神。登山道および登拝者の安全を守護。
また民間信仰として、眼病に霊験あらたかとされ、
木曽の御山に湧き出ずる御神水は重宝されています。
 





Copyright © 2012 Ontakekyo All rights reserved.