御 嶽 不 動 尊
(おん
 たけ    どう そん)
 

 
昭和47年まで木曽御嶽山頂の御神火祭場の
奉斎神でありましたが、同祭場に六体尊像が
建立されたことに伴い大和に御動座願いました。
御神名は火迦具土大神(ひのかぐつちのおおかみ)。御嶽山上にて数々の
不思議を顕現(けんげん)された霊妙無比(れいみょうむひ)の神で伊邪那岐、
伊邪那美二尊の子、火産霊神(ほむすびのかみ)とも尊称申し上げる。
 





Copyright © 2012 Ontakekyo All rights reserved.